衝撃的な1冊【読みたいことを、書けばいい。】雷が落ちる文章術がここに【要約・感想】

ビジネス本

 

 

読みたいことを、書けばいい

今回はこちらの本をご紹介します。

 

この記事はこんな方向けに書いています。

  • 「読みたいことを、書けばいい」の購入を迷っている人
  • 「読みたいことを、書けばいい」の内容を知りたい人
  • 「読みたいことを、書けばいい」を購入したい人
  • 田中ひろのぶさんのファン

 

電通で24年間働いた後、フリーランスになった田中さん。彼の綴る文章はとても独特で、読む人を掴んで離さないのです。

 

ひろのぶさんワールド全開の1冊に、みなさまも惹き込まれてみませんか?

スポンサーリンク

何を書くのか

 

  • 文書とは、「問題解決」や「目的達成」のための書類。
  • 文章とは、「書きたい人」がいて、「読みたい人」がいる(かもしれない)こと。

 

ネットの文章9割が随筆

 

随筆とは、事象(事実)と心象(私見)が交わるところに生まれる文章

 

事象の例

報道、ルポルタージュ

 

心象の例

創作、フィクション

 

ライターとは、そのどちらも兼ね備えた「随筆」で読者の支持を得る職業

 

自分が書きたいのはどれか、自分は今何を書いているのかをしっかり定義して書くことで、真の通った文章が書ける。

 

誰に書くのか

 

どうせ褒められないなら、好きな服を着よう

文章もこれと一緒。

 

初心者のうちはあまり多くの人の目に留まらないので、自分が見て面白いものを書くように心がける

だから、ターゲットは常に自分

 

書くことは承認欲求を満たせない

有名になりたいのなら、書く仕事は割に合わない

労力がかかりすぎる

 

誰が書いたかの方が評価される

 

反響に耳を貸すと、自分がおもしろくなくなってくる。

 

どう書くのか

 

とにかく調べる

 

つまらない人は、自分の内面を語る人

ブロッコリー嫌いなんだよね

 

面白い人は、他人の興味を惹かせてから、自分の話を始める人

ブロッコリーってアブラナ科なんだよ

 

1%(伝えたいこと)のために、99%(調べたこと)が必要。

調べたことを並べれば、読み手が主役になる

 

言葉は「葉」、「根」が必要 読ませたければ、徹底的に調べる

 

個人的な感想

 

田中さんの文章がとても好きです。

 

目のうろこを貼るのが早すぎる ワンデー仕様のコンタクトレンズか。とか、人間味にすごくあふれていて、人間の文章だなと、変な安心感があります。

 

 

私は本を面白いと思ったことが、全くといっていいほどないのです。

本は、ただの情報元。

私にとって本は、面白くなくても別にいいのです。

なぜなら、ただの情報源であり、その情報を得るためにわくわくもハラハラもしなくていい。

 

ですが、なぜだかはさっぱり分からないのです。

この本はゲラゲラ笑いながら読みました。

 

笑いの要素?

ないと思います。

著者の田中さんも、それ路線では書いていないかと思います。

 

ですがこの本は、面白いのです。

 

まとめ

 

自分の書きたいことを書いていたら、こんな変な記事になりました。

でも、私は変な人間でいたいと思います。

 

否定されても肯定されても、自分を見失わない人でありたいなと、この本を通して思いました。

 

文章術、そんなもんは、ない。

自分の読みたいものを、書けばいい 

 

ビジネス本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
英語投資

コメント