引き算子育て 我が家の“しない”育児

おうち英語

 

今回は私たち英語教師夫婦が、”しない”育児についてご紹介します。

 

TwitterやInstagramのアカウント見ていると、「あれもしている」「これもしている」と、”しているリスト”が多く見られます。

そんな投稿を見て、こんな気分になったことはありませんか?

「あぁ、もっとこうした方が子供のためなのになぁ。」
「同じ月齢でこんなことができるんだ」
そこで今回は、そんな気分を吹っ飛ばすような”しない”育児について、ご紹介します。

私たちはそこまで教育熱心ではないので、単にズボラ育児のように聞こえるかもしれません。

ですがこの記事を読んで、「こんなに肩の力抜いて育児している人もいるんだ」と思ってもらえたら嬉しいです。

 

記事を書いていて、ドラマ ドクターxを思い出しました笑。

「~いたしません!」のような、、。^^;

 

スポンサーリンク

最初に

今回の記事は私の独断と偏見です。

”しない”ことについてこれが正しいと言っているわけではありませんし、また逆のことをしている方々を否定するものでもありません。

私たちがしないことは1つの価値観であり、私たちの選択です。それについての批判的なご意見は承りかねますので、予めご了承ください。

 

起こすこと、しません

 

我が家は、私たち(親)が息子を起こすことはあまりしません。

保育園に行っていないので、朝に予定がなければ寝たいだけ寝かせます。

それでも7~8時の間には起きるので、こちらから起こすことはほとんどないです。

寝ることも1つの仕事で、寝ている時に学んだことや見たもの、聞いたものの整理を脳がしてくれているので、しっかり寝かせます。

起きる時間が遅くなった日は午前中のうちに外へ遊びに行き、お昼寝を早めに取れるように調整します。お昼寝も、特に起こしません。

 

読み聞かせ、積極的にしません

息子は本が大好きです。ですが基本的にこちらから読み聞かせを始めることは、ありません。

息子は読みたいときに読みたい本を持ってくることができるので、こちらからは特になにもすすめません。

「毎日○○冊読んでいます」という方をとても尊敬しますが、私たちはそこまでできないことが多く、また何冊読まなきゃ!というプレッシャーを感じてしまい、私たちは息子のペースで本を読み聞かせしています。

 

読書は習慣です。小さい頃から本が身近にある生活は、子供の成長を促してくれます。

もう1つ、私たちが大切にしていることは、親が息子の前で本を読むことです

親も読書している姿勢を示せば、子供は自然と読書が習慣になってくれるんじゃないかなぁと思っています。

 

おもちゃ、買いません

おもちゃは買ったことがなく、全ていただきものです。

第一子ということもあり、親戚のおさがりをいただいたり、祖父母や叔母が買ってくれたりして、今はそれらで十分遊んでいます。

息子はおもちゃも好きですが、1日の大半は私が使っているキッチングッズやお父さんの掃除道具で遊んでいます。

 

新しいおもちゃをどんどん買い与えるよりも、実際に親が使っているもので遊ぶ方が楽しいようです。

そしてまだ息子自らの言葉と意志で「これが欲しい」と言える年齢になるまで、お金をセーブさせてもらっています^^。

 

 

息子専用のご飯、作りません

もう大人と一緒のご飯を食べられるので、基本的に作り分けはしません。

 

ご飯はお粥ではなく大人と同じ固さのもの、麺も同じ固さで長さだけ短くします。

はちみつや生魚、生肉のようなまだ食べてはいけない食品は食卓に出さないようにしています。親も、特に上記のものを食べたいと思うことが少ないと言うこともあります。

息子は特に、お父さんの食べているものを欲しがるので、一緒にしています。

 

 

まとめ

 

今回は”しない”育児についてご紹介しました。

 

  • 起こさない
  • 読み聞かせを積極的にしない
  • おもちゃを買わない
  • 息子専用のご飯を作らない

 

この記事を読んで、肩の力を抜いて育児される方がいたら嬉しいです。

 

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

おうち英語おうち英語始め方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
英語絵本屋さん

コメント