残り2カ月の2020年を最大活用してみる検証(24歳無職)後編

Uncategorized

先日の続きです。今日は残りの3個の目標について考えていく。

一晩考えて、1つ追加

 

こちらが前編です↓

https://armchair-millionaire.com/%e6%ae%8b%e3%82%8a2%e3%82%ab%e6%9c%88%e3%81%ae2020%e5%b9%b4%e3%82%92%e6%9c%80%e5%a4%a7%e6%b4%bb%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f%e7%b5%90%e6%9e%9c%e6%a4%9c%e8%a8%bc24%e6%ad%b3%e7%84%a1/8/

 

  • 本記事の内容 前編
  • ・投資信託の勉強
  • ・1週間で最低3冊の読書
  • ・毎日ブログ投稿
  •        後編
  • ・英会話オンラインレッスンで収入確保
  • ・ブラインドタッチ
  • ・英語スキルアップ(特にSpeaking)
  • 20代にやっておくことまとめ←new!

 

 

 

・英会話オンラインレッスンで収入確保

 

今年の8月から講師として、英会話をオンラインで教えています。(そしたら無職ではないのか?)

時給ではなく、報酬制の仕事の方が、とても働きやすいと思ったから。生徒は未就学児から、小学生まで。

今のところ、携帯代を払えるほどの収入だが、もう少し加速したいように思う。

どうしたら?

→まず自分のレッスンを見直す or 他の先生や生徒のご両親に自分のレッスンを評価してもらう

→修正箇所を見つけ、修正し、そして実践

→宿題や自宅学習とレッスンを紐づけし、次へつながる工夫

 

の繰り返しです。頭では理解しているのに、なかなか行動に移せなかったので、とりあえず年末までとゴールを決めて、走り出すのみ。

12月は、今の倍の収入を目指します。

 

 

・ブラインドタッチ

 

これは、今もパソコンから記事を作っているが、全く遅い。

誤字脱字多く、画面と手元を交互に見ていないと正確にできない。。

e-typing の腕試しレベルチェックをやってみたが、結果は以下の通り。

スコア141

レベルC+

入力時間1分52秒

入力文字数300

 

まだまだ。。

12月にもう一度試し、スキル向上を目指す。

 

 

英語スキルアップ(特にSpeaking)

 

私はもともと不登校で、小学5年から中学卒業するまでの出席日数は10日を行くか行かないか。

高校は通信。

このままでは一生底辺人生を歩まなければいけない、そんなのは嫌だと思って、18歳から英語の専門学校に通い、猛勉強した。(補足ですが、不登校が悪い、通信だから底辺というのはあくまで私個人の偏見なので、同じような境遇の方もそうだとは言っておりません。)

勉強を始めた当初は、英検3級程度。TOEICは410。そこから1年で800近くまで上げることができた。

そして卒業する頃には910。

先に言うと、これは全然自慢ではない。

TOEICはSpeaking testではないので、910あっても全く話せない人がざらにいる。

卒業後から本格的に会話力を磨き、今では英語で英語を教えられるまでになったが、自分にはまだまだ伸びしろが感じられる。

具体的には、

→YouTubeでネイティブの方の動画を視聴してインプット

→学んだことを主人にアウトプット

→オンラインレッスンでアウトプット

 

このサイクルでいこう。

年末までには、自分の音声を録音して、何かしらの形で記事にできたらと思う。

 

 

・20代にやっておくことまとめ←new!

 

これは思いつきだが、世の中には、

「20代でやるべきこと」「20代で知っておくべきこと」

「20代で読むべき本」「私が後悔してる20代でやっておけばよかったこと」

 

等々のタイトル本が多数存在する。

 

では、それらを20代の私が経験していったら、どうなるか?

実験してみたい。

何かが変わるのか、またどんな変化が自分にあるのか。

 

具体的には、

→そういうタイトルの本を用意

→いくつかチャレンジ

→その過程や結果をブログで共有

 

これでいこう!

 

 

 

まとめ

 

本当に書きたいことや、やりたいことが山ほどあって幸せな一方、どこから手をつけていいかわからなくなる時がある。

一歩一歩、毎日の積み重ねしかない。

最初は期間を決めて、とりあえず2か月。

時間は有限、夢は無限。

 

今日も一歩、前に進むために。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました