【必読】たった2ヶ月でTOEIC400→500以上狙える意外な方法

おうち英語

この記事はこんな方向けです。

  • TOEIC400点前後の方
  • 短期間でグッと100点上げたい方
  • 公式参考書を買おうとしている方

 

とりあえずTOEICの公式参考書を買って勉強しようかな

と思っていませんか?

私は、初TOEICのスコアが405でした。

 

TOEIC400点前後の方ですと、

公式参考書はまだ早いと思った方がいいでしょう。

 

なぜなら、

公式の参考書を買ったところで呪文に見えるだけ。

無駄に終わる可能性大の大です。

 

私も当初は、公式の参考書がハリーポッターの呪文書に見えましたね。

 

公式参考書よりも、より効果的で即効性のある教材があります。

今回は、その教材をご紹介します。

中学生の参考書が効果絶大

中学英語を完璧にすることが、最速でスコアアップにつながります。

 

この方法、実はあまり知られていませんが、効果絶大です。

中学3年間で学ぶ文法を完璧にするだけで、大幅な点数アップが望めるのです。

 

そのくらい、中学英語を軽視している人が多いのが事実です。

中学英語ダサい!もっと難しいこと学びたいよ。

なんて思っている人が多いこと多いこと。

中学英語は軽視されがちなのです。

 

実は私も、その1人でした。

私は専門学生の時に、図書室で中学生の参考書をやっていました。

 

中学英語なんて恥ずかしくて恥ずかしくて。

隅っこでコソコソ勉強していたのを、鮮明に覚えています。

 

ですが、隠れてでも勉強したことが、のちの英語力爆上げに大いに貢献しています。

 

逆に、

基礎をしっかり固めないと、勉強がどんどん難しくなるにつれて、理解できなくなってきます。

中学英語は、後のジャンプをより高く飛ぶために必須です。

 

中学英語をしっかり固めることで、

TOEICのスコアに大きく反映されるようになりますよ。

ここはしっかり、基礎固めをしていきましょう。

短期間で10冊

最重要なことが、短期間で10冊をこなすことです。

 

10冊は少なくはありませんよね。

膨大な量です。

 

ですが、

重い腰が上がらずに10冊をコツコツ半年かけて…なんてことはNG。

ダラダラやることで、文法が体に染み込みません。

 

膨大な量を短期間でこなすことで、「見たことある文法」が幾度となく出題されます。

「あ、またこの問題か」

と思えるようになり、

問題を半分まで読んだだけで答えがわかるようになってきます。

 

TOEICのリーディングは時間勝負

パート5は【空欄を見ただけで答えが分かる】反射力が求められます。

 

  • 勝手にペンが走る
  • ペンがスラスラ、止まらない

このレベルまで、文法を完璧にしましょう。

 

10冊とは、反射的に答えられるようになるまでの量なのです。

遅くても、2ヶ月で10冊をこなすようにしましょう。

私は1.5ヶ月で10冊をこなしました。

 

じっくり勉強は捨ててください。

おすすめ参考書10冊

10冊の内訳はこんな感じ。

  • 中1|2冊
  • 中2|3冊
  • 中3|3冊
  • 高校入試|2冊

参考書は基本的に何でもいいのですが、解説少なめ・問題多めの参考書がおすすめですよ。

 

  • 解説少なめ
  • 問題多め

上記の条件を満たしている参考書をご紹介します。

中1|2冊

  • ページ数:本冊144ページ+別冊解答24ページ
  • 値段:1,100円
  • ポイント:選択問題→並べかえ→英作文と、くり返し練習しているうちに英文法が自然と身につきます。

 

  • ページ数:152ページ
  • 値段:1,045円
  • ポイント:基本・標準・実力の3ステップ式の問題構成になっているので、無理なく対策できる問題集です。

中2|3冊

  • ページ数:本冊144ページ+別冊解答24ページ
  • 値段:1,100円
  • ポイント:中学2年で習う英文法を64セクションに細かく分けているので、基礎からじっくり取り組めます。

 

  • ページ数:152ページ
  • 値段:1,045円←お買い得
  • ポイント:基本から応用・発展へと無理なく実力がつくステップ式問題集です。

 

  • ページ数:本冊152ページ + 別冊解答・解説24ページ
  • 値段:1,100円
  • ポイント:周りと差がつく発展的な問題までを、レベル別に出題されます。

中3|3冊

  • ページ数:136ページ
  • 値段:1,100円
  • ポイント:標準問題に加えて「最高水準問題」の2段階構成になっています。復習に持ってこいですね。

 

  • ページ数:152ページ
  • 値段:1,045円
  • ポイント:説明が最低限で、問題量がおいのが特徴です。

 

  • ページ数:本冊136ページ + 別冊解答・解説56ページ
  • 値段:1,100円

高校入試|

  • ページ数:184ページ
  • 値段:1,100円
  • ポイント:中1-2の復習から、ハイレベルの問題まで幅広く出題されます。総まとめに最適です。

 

  • ページ数:本冊128ページ+ 別冊解答・解説84ページ
  • 値段:1,210円
  • ポイント:中学英語の復習にピッタリです。私もこちらの旧版を購入しました。

まとめ|短期間で基礎固め

今回は、TOEIC400点のあなたが最短で500点を超える方法をご紹介しました。

 

中学英語を完璧にすることで、100点アップします。

実際に、私も中学英語の問題集を10冊こなしただけで、435→540まで上がりました。

リスニングはほぼ何もしていません。

 

ぜひ長期の休みを利用して、TOEICに取り組んでみてください。

コメント