【オンライン英語講師が解説】英検5級おすすめ教材!合格への近道は教材選びが重要

英検5級

 

この記事がこんな方におすすめです。

  • 5級のおすすめ教材が知りたい
  • 教材が多すぎてどれを選べばいいか分からない

 

この記事では、オンラインで400回以上の指導経験がある英語講師が、

英検5級に向けておすすめ教材をご紹介します。

 

MiO
MiO

本サイト運営者のMiOです♪

  • TOEIC900、英検準1級
  • 息子とおうち英語♪
  • インター幼稚園勤務経験

 

本屋さんに行けばズラッと並べられた教材。

正直、どれも同じに見えますよね。

 

ですが、教材選びで合否が左右されると言っても過言ではないほど、教材選びは重要です。

 

小学生~の受験者でしたら、ご紹介する過去問と単語帳を読み解けば合格はほぼ間違いないでしょう。

 

幼児さんからも、絵単などのアプローチで合格することは十分可能です。

それでは見ていきましょう^^。

 

スポンサーリンク

テストの内容

 

5級は、英語の学習を始めて最初の目標となる級で、レベルはおよそ中学初級程度とされています。初歩的な英語を理解することができ、それを使って表現することが求められます。

 

筆記(25分)、リスニング(約20分)の45分のテストです。

 

測定技能 形式・課題 形式・課題詳細 問題数 問題文の種類 解答形式
リーディング 短文の語句
空所補充
文脈に合う適切な語句を補う。 15 短文
会話文
4肢選択
(選択肢印刷)
会話文の
文空所補充
会話文の空所に適切な文や語句を補う。 5 会話文
日本文付き短文の語句整序 日本文を読み、その意味に合うように与えられた語句を並べ替える。 5 短文
リスニング 会話の
応答文選択
会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う。
(放送回数2回、補助イラスト付き)
10 会話文 3肢選択
(選択肢読み上げ)
会話の内容
一致選択
会話の内容に関する質問に答える。
(放送回数2回)
5 4肢選択
(選択肢印刷)
イラストの
内容一致選択
短文を聞いて、イラストの動作や状況を表すものを選ぶ。
(放送回数2回)
10 短文 3肢選択
(選択肢読み上げ)

 

  • 目安としては、5級は「中学初級程度」です。

 

(公益財団法人日本英語検定協会から引用)

 

テキスト選びで合否に影響

英検は、問題をたくさん解いて練習することが重要です。

 

知識として取り入れるだけではなく、学んだことを実際に解いてみるところまで網羅した教材が好ましいです。

 

学んで、解く、

学んで、解く。

 

この繰り返しが、合格への一番の近道です。

 

英検5級【過去問編】

 

こちらは、私が最もおすすめしたい教材です。

 

 

どの級にも言えることですが、過去問に取り組むことが必須です。

 

過去問を何度も解くだけで合格できる可能性も大いにあります。

 

 

英検5級は、英検の入り口です。

問題の出題形式や時間配分などのコツがつかめますので、過去問を解くことは必須といえるでしょう。

 

英検5級【単語編】

 

語彙が少ないと感じる方は、こちらの単語帳をおすすめします。

 

問題を解くにあたっても、語彙が少ないとかなり厳しいです。

単語帳で学んだことを、過去問で確認すると言った形で活用するのが最も効果的です。

 

過去問とこちらの単語帳を1セットで購入することをおすすめします^^。

 

絵単もおすすめ (幼児さん~)

 

 

暗記が苦手な方や、英語初心者の方にもおすすめの単語用教材です。

日本語でも分からない英単語は、絵で見て視覚で覚えましょう♪

 

単語は単体ではなく、文章全体で覚えるのが基本です。

この教材の良いところは、

学んだ単語を、実際の文章で聞くことができるのです。

 

学んだ単語がどのような文章で使われるのかまで理解できたら、合格が大きく近づきます。

 

英検5級【イラスト多め教材】

 

「小学生のための」と記載されていますが、過去問がとっつきにくい方にはイラスト多めのこちらの教材をおすすめします。

 

スピーキングテストまで網羅されているので、1冊あると便利な教材です。

難しい文法なしの教材

 

こちらの教材は、難しい文法用語を使用しない会話中心の教材です。

 

「文法って聞いただけで勉強したくなくなる」 という方におすすめの教材です。

 

まとめ│教材選びが合格への近道

今回ご紹介した教材があれば、合格への近道となることは間違いなしです。

 

ぜひご自身、またはお子さんに合った教材で合格を目指してください^^。

英検5級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
英語投資

コメント