【要約】身のたけ起業 by井口晃

ビジネス本

 

誰でもできる、いつでもできる、どこでもできる

 

失うものはありません、

さぁ行動に移しましょう!

 

著者プロフィール
学生時代にいじめに遭い、5回もの転校を繰り返します。自分のことが嫌いで自信もなかった井口さんは、人間関係から逃げるように、ニューヨークへ留学。しかし留学先でも、自分に自信が持てず、逃げるように帰国。就職活動からも逃げ、様々な苦難を乗り越えた末、「人生を変えるメッセージを発信するエキスパートコーチ」という天職に出会います。逃げて逃げて逃げ続けた末に、仕事やお金、人間関係やライフスタイル全てにおいて自由を手に入れたこの方。
なぜ逃げ続けた著者が会社を立て、本を出すまでになったかは、本書で語っていますので、気になる方はぜひ一読してみてください。

現在では日本のみならず、アメリカ、台湾、シンガポールなどでもコーチングを開催しているそうです。

 

スポンサーリンク

キーワードは、エキスパート

 

本書で言うエキスパートとは、「メッセージを伝える人」のことです。

自分の専門分野に関する知識や経験を、様々な形でお客様に「価値」を提供し、その対価としてお金をもらいます。

 

ここで大切なことは、エキスパートは誰にでもなれるということです。
立派なキャリアや資格がなくても、問題ないのです。

今は個人の範囲でとどまっているかもしれませんが、あなたの知識や経験をお金を払って求める人が一定数存在するはずです。

身のたけ起業にお金はほとんどかからない

 

身のたけ起業の大きなメリットは、リスクの小ささです。

著者の井口さんが起業した時も、貯金はわずか3万円でしたが、なんとかなったと書いてあります。

3万円は、いや逆にすごい。
この例から、「お金がないから」という理由で起業を諦めるのには、理由になりませんね。

 

エキスパートとは、メッセージを伝えること
メッセージを伝えることに、莫大な出費や従業員を雇ったりすることは必要ありません。

自分の身ひとつで十分です。

サラリーマンであれば、会社を辞めなくても大丈夫です。
週末などの空いている時間を活用して、軌道に乗ってから起業するか検討してもいいのです。



インターネットが誰でも起業できる時代への扉

 

インターネットを使えば、個人でも大企業でも同じ土俵でプロモーションを行うことができます。

FacebookやYouTubeをプロモーションとして使えば、無料で全世界にメッセージを届けることができます。

 

10人に伝えるのも、10,000人に伝えるのも、インターネットでしたら同じ労力なのです

 

インターネットを介せば、オフラインの集客ができ、オンラインで自分のエキスパートを提供することが、ほとんどコストがかからずに行えるのです。

 

時代が起業に追い風をかけているのです。

乗らない手はないでしょう。

 

変わり続ける者こそ生き残り続けられる

 

地球上最強と言われた恐竜は、時代を境に滅びてしまいます。ですが私たち人間はなぜ生き残っているのでしょうか。

その答えは、文明を発展させ、常に変化を続けてきたからだと、本書は語ります。

ビジネスの世界でも同じです。

 

どんな有名人や成功者も、最初は「後発」です。

諦めずに自分を磨き続けた結果の上に、成功を収めることができたのです。

 

成功するには行動です

 

行動を起こし、変化を続ければチャンスが必ずくるはずです。

 

変化できる人だけが、身のたけ起業で成功できる人なのです。



「準備期間」は短く

 

多くの「起業家志望」の人は、セミナーに通い本を読みノウハウを学びますが、行動に移している人はほんのわずかです。

「まだ経験が、知識が足りない」などの言い訳を作り、先延ばしにします。

 

もちろん、事前の知識や成功例を学ぶことは大切です。

ですが準備期間は最低限にしましょう。

 

行動が、大切なのです。

最初から全て自分の思い通りには、ならないものです。

完璧のスタートダッシュは、不可能に近いのです。

ですがそのことにいつまでも恐れていては、現状何も変わらないでしょう。

 

行動しながら、学んでいけばいいのです

行動に移すと、分からないことや学びがおのずと出てきます。

 

いつまでも頭でっかちを目指すのではなく、やりながら学ぶことの方が、実りは大きいでしょう。

 

レポートから、1000時間始める

 

意欲はあっても何から始めたらいいか分からない方も、少なくないはずです。

そのような方は、レポートから始めることをおすすめします。

レポートとは、「他人の話を簡潔にまとめる」ことです。

 

約1,000時間分の勉強や体験をすれば、その分野の専門的なことが教えられるレベルに達することができます

1日2~3時間を1年間です。

 

レポートをしていくうちに、自分もその分野の知識や学びが蓄積され、将来自分がその分野の専門家として、独自の方法で教えられるようになっていきます。

 

まとめ

 

まずは行動。

変化に順応じ、常に改善。

 

そんな、シンプルですが、ビジネスにおいても日常の生活においても、とても参考になる本でした。

 

 

本書ではこちらの本を紹介しており、この本は以前、過去記事で紹介した本の中でも紹介していました。有名で、とてもおすすめです。

「思考は現実化する」

過去記事はこちら

【書評】起業を夢見る24歳主婦が読む、「7人のトップ起業家と28冊のビジネス名著に学ぶ 起業の教科書」by大賀康史 苅田明史
24歳 起業の知識が全くない主婦が読む、「7人のトップ起業家と28冊のビジネス名著に学ぶ 起業の教科書」

 

この記事を読んで、起業に1歩踏み出す勇気になれば嬉しいです。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

ビジネス本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
英語絵本屋さん

コメント