毎晩息子が寝てから、涙と一緒に英検1級の長文を読んでいます

英検1級

 

英検1級の進捗についてご紹介します。

 

MiO
MiO

本サイトの運営者のMiOです

  • TOEIC900、英検準1級
  • 息子とおうち英語♪
  • インター幼稚園勤務経験
  • 保育士免許
  • ブログ歴0→1達成

 

単語帳に飽きたので、最近は長文読解をしていますが…。

毎晩泣きながら読解しています。

 

それもこれも、

主人のせいです。

 

いや、これもあれも、

主人のおかげです…。

 

英検1級の勉強を始めて約1カ月が経過したので、

ここまでの進捗をまとめたいと思います。

 

いや、進捗も鼻くそもないのですが、

一応…まとめさせてください…。

 

受かる気が全くしない。

途方とは、このことか。

 

英語力は中の上と思っていましたが、

そんな自分も英検1級を前にして赤ん坊同様です。

 

スポンサーリンク

泣く原因

まず、英検の長文を読んで泣いている原因ですが、

「主人の鬼添削」にお世話になっているからです。

 

主人は、英検1級TOEIC960を所持しています。

そして、英語講師20年以上の経歴を持つ英語の鬼なのです。

(えぇ、年の差婚です)

 

講師はみな、指導する相手に対して指導方法を変えるのですが、

主人の変え方は異常。

 

私はTOEIC400の頃から主人にお世話になっていますが、

最初は優しかった…。

 

今は、鬼。

鬼の、鬼。

 

もう毎晩ボコボコです…。

 

私の英語力の問題が一番の原因ですが、

言葉を選ばないで容赦しなくていい相手と思っているのか、

ふっつーに言葉のナイフでえぐられます。

 

例えばこんな感じ。

 

「これじゃ英検2級からやり直した方がいいレベル」

「何回か受けることになると思うから」←暗に不合格宣言

「長文はぼんやり読むな」

「僕に添削してもらう前に1時間は勉強して」

 

似たようなことを、あと92個言われました。

夜23時に。

 

もう前向けない…。

 

主人の経歴に及びはしませんが、

一応英検準1級、TOEIC900、講師として700回は指導しているのですが…。

 

いや、彼にとって私なんかゴミの存在…。

今までの努力は……

 

と、毎晩コテンパンにされて容赦ない言葉の槍は降ってきて、

しまいには自己嫌悪に陥る日々です。

 

もう、受ける前に結果が分かってきました…。

 

がんばるよおおおぉぉぉぉいい。

 

単語のモチベ難い

そして単語の勉強は、おろそかになりつつあります。

 

もうダメですかねw

 

単語の量とレベルの高さに圧倒されまして、

モチベの維持が難しいです…。

 

2,400単語を、1日500単語。

ワンオペしながらはめっちゃキツい。

眠い。

寝たい。

 

ブログ書きたい。

 

記念受験になりそうですが、

こんなポンコツも一応会場には行きますのでよろしくお願いいたします。

 

そんな私でも継続できている勉強方法が、

過去問です。

 

過去問というか、

クイズですね。

 

効率は悪いですが、

勉強を0にすることを避けられるならやる意義はあるかなと思っています。

 

多分。

 

でも過去問楽しい。

 

ですが、効率的に勉強したい方は、

単語の勉強が最強ですよ。

 

まとめ│これで大丈夫か?

今回は、英検1級に挑戦している講師、私の勉強進捗についてまとめました。

 

簡単に言うと、「ボロボロ」です。

もっと言うと、「無理」です。

 

ですが、もう12,600円も払ってしまったので頑張ります。

お金払ってしまったので、頑張ります。

 

やる気なんてこの程度でいいのです。

少なくとも私は。

 

これでも会場に行って席に座ってやりますわ。

ダサい…。

 

 

もし英検1級を目指している方がいれば、

こんな私を見下してどんどんレベルの高い勉強をなさってください。

 

そんな方々を見習って、私もやる気…は出ませんが、

尊敬します。

 

こんなネガティブブログ、

最後まで読んでいただきありがとうございました!

英検1級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
英語投資

コメント