母がお金にうるさい理由はこれ

投資の話

 

母はお金にうるさいです。

 

お父さんが疎いというのもあるけれど、

母は、子供の頃からずっと倹約家。

超がつく節約家。

 

君にもそうなってほしい、

とまでは思っていない。

 

だけどお金について学ぶ場が、

私たち日本ではほぼない。

 

学校では、子供のうちに学ぶべきことの0.01%も教えてくれない。

 

自力で勉強する必要がある。

 

ではなぜ、それほどまでにお金の勉強が必要なのか?

母はなんでこんなにもお金にうるさいのか?

お金の勉強をすればどうなるのか?

 

今回はここについて話していきます。

 

 

スポンサーリンク

理由、それは、

お金があれば選択肢が広がるから。

 

お金があれば必ず幸せになるとは限らない。

お金があれば、必ず裕福になるとは限らない。

 

 

なくても幸せになれる。

なくても裕福になれるし、素敵な恋人にも巡り会えるし、素敵な家庭を築くこともできる。

 

 

だけど

お金があれば選択肢が、グンと広がる。

選択肢が一つしかない場合と、選択肢が100あった場合、幸せなのは、選択肢が100あった場合。

 

 

例えば、

みんなでおもちゃ屋さんに行ったとしよう。

 

君は1,000円しか持っていなかった場合。

1,000円以下のおもちゃしか買えないんだ。

ほしいおもちゃがあっても1,000円を超えていたら、買えない。

 

でももし、10,000円持っていたら。

1,000円のおもちゃを買うこともできるし、10,000のおもちゃを買うこともできる。

 

5,000円のおもちゃを2つ買うこともできるし、3,000円のおもちゃを3つ買って、残りの1,000円は次の機会に回せる。

 

このように、お金があれば君のやりたいこと・したいこと・ほしいもの・行きたい場所・叶えたい夢が、叶いやすくなる。

 

もっと言えば、

お金があったって、1,000円のおもちゃを買うことができるのだから、何も使い切る必要がない。貯金という新しい選択肢も生まれる。

 

あったらあった分だけ使うのは、必ずしも正しいわけではない。

このことはとても重要だから覚えておくこと。

 

お金はただの道具。だけど、

あるほうが、君の夢が叶いやすくなるんだ。

 

夢が叶えば、幸せにもずっと近づくし、心が豊かになる。

 

もしお金を使っても心が豊かにならない場合、それは使い方を間違っている。無理して使っているか、何も考えないでポイポイ使っているか。

お金は払う金額ではなく、どう使うか・使ったあと幸せになるかが、とても大切だよ。

 

まとめ| お金を学ぶ理由

母がお金にうるさい理由、

それは君の選択肢が広がるから。

 

もちろん、お金が少なくても生きていける。

問題なし。

 

だけど挑戦しようと思った時、先立つものはいつもお金。

 

お金があれば、自分が選ぶ立場に立てる。

ないと、お金が君を決める。

 

「1,000円のおもちゃしか買えないよ」と。

 

お金について勉強すれば、

きっと豊かになれる。

 

そんな記事をもっと増やしていくね。

 

コラム

 

今日は母のつわりのせいで、

君とたくさん遊べない。

だからお父さんに無理言って、

お父さんの実家に遊びに来ました。

 

母はずっと寝ていて、

君はおじいちゃん・おばあちゃんと他の部屋で遊んでいます。

 

たまに、君の鼻歌のような可愛い声が聞こえてきて、

心からきて良かったと感謝でいっぱいです。

 

お父さんも母もいない中、

初めておじいちゃん・おばあちゃんと3人きりで遊んでいるけど、

母なんてお構いなくあそび続けている模様。

 

今3人で、キックバイクに乗りに行ったみたい。

 

そんな成長も見れて、今日は本当に良い日。

投資の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
主婦ママが息子に伝えたいお金の話

コメント