NISAの恒久化?限度額の拡大?最新の改正要望をサクッと解説

お金

この記事はこんな方向けです。

  • NISAを始めようと検討している方
  • 既にNISAを利用している方
  • 改正要望の内容をサクッと知りたい方

今回の改正案、どんな影響があるの?

今までと何が変わるの?

2022年8月23日に、政府がNISAについての改正要望を発表しました。

投資家の方であれば、先日のニュースを目にしたかと思います。

 

長期投資をしている方・NISAを利用している方でしたら全員が関係してくることですね。

ぜひサクッと学んでいってください。

NISAとは?

まず、ニーサって何?

ニーサとは非課税で投資できる制度です。

 

通常、投資の利益には20%の税金がかかります。

例えば、

100万円を投資して10万円の利益が出た時、10万円に対して課税されるのです。

110万円の評価額ですが、2万円(20%)の税金が引かれます。

実際には108万円ですね。

ですがNISA制度を利用すれば、110万円が丸々手元に残ります。

非課税ですので。

 

額が大きくなりやすい投資の世界では、20%は大きいですね。

非課税になるのなら、利用しない手はありません。

 

NISAには3つの種類があります。

ニーサの種類

NISAには、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAがあります。↓

(出典:金融庁

今回の改正要望の対象は、一般NISAとつみたてNISAです。

どんな改正要望があったのでしょうか。

 

解説していきます。

3つの改正要望

改正要望は主にこちらの3つです。

  • 期間の恒久化
  • 非課税限度額の引き上げ
  • 未成年の拡大

図にするとこちら。

  期限  期間  限度額  対象年齢 
一般NISA  2028年まで 

→恒久化 

最長5年間 

→恒久化 

年間120万円 

→240万円 

18歳から 

→変更なし 

つみたてNISA  2042年まで 

→恒久化 

最長20年間 

→恒久化 

年間40万円 

→年間60万円 

18歳から 

→18歳未満 

(変更は、検討段階です)

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

期間の恒久化

金融庁は、非課税期間の無期限化を求めることにしました。

 

現在の制度では、

可能な投資期限は、

一般NISAは2028年まで、

つみたてNISAは2042年までと期限が設けられています。

 

この期限内で最長、

一般NISAは5年間

つみたてNISAは20年間の非課税枠を利用できます。

 

今回の税制改正要望でこうした期限をなくし、制度の恒久化を求める方針です。

また、非課税で保有できる期間を無期限とすることも求めました。

 

要は、【期限なしでNISAを利用できるようにしていこう】という改正案ですね。

 

現在の制度では、

2023年以降につみたてNISAを利用し始めた方は、20年間の最大利用ができません。

始めるのが遅ければ非課税枠も減ってしまいます。

 

期間・期限の恒久化によって、NISAをいつ始めても最大限活用できるようになりますね。

非課税限度額の引き上げ

非課税限度額の引き上げの方針も、求めています。

 

現在の非課税枠は、

一般NISAは120万円

つみたてNISAは40万円です。

 

これらを、

一般NISA240万円、

つみたてNISA60万円引き上げるよう求めています。

 

さらに、現在は一般NISAとつみたてNISAの併用はできません。

ですが改正案では、併用可能にすることで、年間合計300万円を非課税で投資できるよう求めています。

未成年枠の拡大

未成年のNISA枠も拡大するよう、制度を改正する方針です。

 

現在、未成年がNISAを利用したい場合、ジュニアNISAしか選択肢がありません。

ジュニアNISAは2023年に廃止が決定しているので、それ以降は非課税で投資することができないのです。

 

ですが今回の改正案では、

改正後のつみたてNISAの対象年齢を、未成年にも拡充する方針を求めています。

まとめ|長期投資家に追い風

今回は2022年8月23日に発表された、NISAの改正案について解説しました。

 

図にするとこちら。

  期限  期間  限度額  対象年齢 
一般NISA  2028年まで 

→恒久化 

最長5年間 

→恒久化 

年間120万円 

→240万円 

18歳から 

→変更なし 

つみたてNISA  2042年まで 

→恒久化 

最長20年間 

→恒久化 

年間40万円 

→年間60万円 

18歳から 

→18歳未満 

 

NISA制度のモデルとなったイギリスのISA制度は恒久化されています。

恒久化で、NISA制度がより一層使いやすくなるといいですね。

 

参考にしたサイトはこちら。

資産所得倍増へ「投資非課税」制度を恒久化、年間投資枠も拡大…金融庁が方針固める(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 金融庁は、2023年度税制改正要望で、NISA(少額投資非課税制度)の恒久化と非課税期間の無期限化を求める方針を固めた。長期の積み立てに適した商品を対象に「成長投資枠(仮称)」を導入し、年間の投資
金融庁 NISA拡充の税制要望へ「資産所得倍増プラン」柱の1つに | NHK
【NHK】個人投資家を対象にした優遇税制「NISA」について、金融庁は来年度の税制改正要望で、投資が可能な期限をなくして、制度を恒…

 

これからNISAを始めたい方には、SBI証券がおすすめです。

  • 手数料が格安
  • 投資情報が豊富
  • 取引の画面が使いやすい
  • 口座開設が無料

我が家も全員、SBI証券です。

無料で口座開設ができますので、まずは開設してみてください。

証券口座を持っている人と持っていない人では、未来の資産に差が開いてきますね。

スポンサーリンク
お金
シェアする
アボカドママ

コメント