【知らないと損】子育て世代必見の給付金3つをかんたんに解説

投資

 

岸田政権になり、

給付金が話題となっていますね。

 

あなたはどのくらいもらえるかを把握していますか?

 

又は、あなたの配偶者やお子さんは、

いつ、どの程度のお金が支給されるのでしょう。

 

 

今回は、子育て世代に最も関わりがある3つの給付金について

わかりやすく解説します。

 

こちらの3つです。↓(名称も分かりやすくしています)

  • 18才以下に10万円
  • 住民税非課税世帯に10万円
  • 全国民に2万円

 

 

現状では制度や支給額、支給方法がコロコロ変わっています。

 

ですが少しずつ固まってきており、

現状を理解しておく、という点では十分な情報量です。

 

知らなくてもらい損ねた‥

そんなとりこぼしのないよう、

最後まで読んで給付金の知識をしっかりつけていきましょう。

 

スポンサーリンク

18才以下に10万円

親の年収が960万円以下の子供(18才以下)が対象です。

 

10万円と言っても、一括でもらえるわけではありません。

  • 現金5万円
  • クーポン5万円

 

支給される時期も異なります。

 

現金5万円が年内

クーポン5万円が来春までに支給予定。

 

住民税非課税世帯に1世帯あたり10万円

住民税が非課税な世帯に、1世帯あたり10万円が支給されます。

 

住民税が非課税な世帯とは、

  • 生活保護を受けている
  • 決められた所得以下の世帯

など、住んでいる地域によって該当する方が若干変わります。

 

申請なしで支給される予定ですが、時期は未定。

 

最新情報があれば随時更新します!

 

マイナンバーカード保有者に最大2万円

こちらは全国民がもらえる給付金です。

 

最大2万円が支給されますが、

他の給付金と比べて少し受け取り方が複雑です。

 

受け取り方法は全額、

【マイナポイント】で支給されます。

 

 

①まず、

マイナンバーカードを持っていない人を対象に、

マイナンバーカードを新規作成すると5,000円分のマイナポイントがもらえます。

(既に持っている方はこの5,000円はもらえません)

 

 

②次に、

マイナンバーカードに保険証を登録すると7,500円分のマイナポイントがもらえます。

(これは全員が対象です)

 

 

③最後に、

マイナンバーカードとご自身の銀行口座を紐づけると7,500円分がもらえます。

(こちらも全員が対象です)

 

 

まとめるとこの図の通りになります。

  マイナンバーカード 

持っていない 

マイナンバーカード 

持っている 

マイナンバーカード新規 

作成で5,000円 

  × 
カードに保険証を 

登録で7,500円 

   
カードと銀行口座を 

紐付けて7,500円 

   
合計  最大20,000円もらえる  最大15,000円もらえる 

 

マイナンバーカードの有無でもらえる金額が変わります。

 

マイナンバーカードを持っていない方は、

この機会に作成して2万円をゲットしましょう♩

 

詳しい情報は随時更新します。

 

まだマイナンバーカードを持っていない方は、

下記の記事を参考にしてサクッと作ってみてくださいね♩

 

まとめ|とりこぼしのないように

今回は、岸田政権後の給付金について解説しました。

 

特に子育て世代に関連がある給付金内容を分かりやすく解説しましたが、

あなたや家族はどの金額をもらうことができるか把握できたかと思います。

 

給付金については賛否両論ありますが、

もらえるお金にしっかりもらっておきましょう。

投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
英語投資

コメント