【スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義】必読決定! 要約しました前編

おすすめ本

 

 

 

凄く面白い本を見つけました!

 

 

以前ご紹介した、アイデアのつくり方の本を覚えているでしょうか?

 

そちらの本の最後のページに、今回ご紹介する本が載っていたので読んでみることにしました。

こちらのブログです。↓

【アイデアのつくり方】子育てにも役立つ! 要約してみました
アイデアなんて作れない、どう考えたらいいのかも、、なんて悩んだことはありませんか?その悩みの解決方法!や子育てにも役に立つ考え方まで1記事にまとめました。

 

 

 

 

結果、すごく刺激になる本です!

 

 

 

 

ご紹介したい本はこちらです。↓

 

【スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義】

     

      スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義

新品価格
¥1,650から
(2020/12/17 21:02時点)

 

 

私自身、まだ読了していないのですが情報量が膨大なので、前編中編後編に分けてご紹介したいと思います。

 

 

先に言うと、とてもおすすめの本です。

 

一度は読む価値大ありです!!!

 

 

夢を追う人、自分の夢がなにか分からない人、夢を追う方法が分からない人、夢が欲しい人など、皆さん全員が当てはまるターゲットだと思いますので、今回は年齢性別問わず、皆さんに読んでほしい本です。

 

 

 

それではいきましょう。

 

三角形の実験

 

 

最初にご紹介する内容は、三角形の実験の話です。

 

 

 

ある学年の子供を2つのグループに分けて、三角形だけが書かれている紙を1人1枚渡します。

 

 

1つのグループには、「正しく描いたものには点を与える」と伝える。

もう1つのグループには、「絵を完成させなさい」とだけ伝える。

 

 

 

 

皆さん、子供たちがどんな絵を描いたか想像してみてください♪

 

 

 

 

「正しく描いたものには点を与える」と伝えられたグループ全員が、家の絵を描き、平均で2色しか使いませんでした。

 

「絵を完成させなさい」とだけ伝えられたグループは、三角形から想像力を膨らませ、ちょうちょやロボット、色も平均で5色以上。

 

(実際の画像は本書p58に載っています)

 

 

これから何が分かるのか?

 

 

 

私たちは日々の生活の中で、知らず知らずのうちに「当たり前」をどんどん作り上げ、社会の「当たり前」に従い、反対に自由な表現や想像力を刈り取ってしまっているのかもしれません。

 

 

三角形ときたら家が「正しい」という、社会が作り上げた「当たり前」に従っているのです

 

 

 

 

境界や限界、当たり前と思っているものは自分で決めて作り上げたものに過ぎず、自分の想像範囲内でしかない、ということです。

 

 

 

反対にも言うことができます。

 

 

 

 

当たり前を崩すこともまた、自分でしかできないのです。

 

 

そしていつでもどこでも、いま人生を演じている舞台(家や会社、学校等)のビジョンを変えることは可能なのです。

 

 

 

そのことをしっかり自分の中に取り入れて生活するだけで、景色が変わってきます^^。

 

 

 

 

 

夢を叶える鍵

 

 

 

本書は、叶えたい夢を描くだけでは不十分と語ります。

 

 

ただの妄想で終わってしまうからです。

 

 

 

 

達成したい目標に加え、その目標にたどり着くまでにやることの両方をイメージすることが、となってきます。

 

 

 

夢を描くには、それを達成するまでに何が必要か、何をするべきかを現実的に考えることがとても重要です。

 

 

 

 

 

もちろん、夢を追いかけることは恐怖でもあります。

 

 

お金が減っていったり、時間が削られたり、今までの私生活より忙しくやることも増えるかもしれません。

 

 

ですが、そこで止められる夢なら本当の夢ではないのです。

 

 

 

スポーツ選手も有名人も、私たちも1日の時間は24時間です。

これは誰にも変えられない事実です。

 

 

 

それをどう使うかが、皆さん1人ひとりにかかっているのです。

 

 

 

 

 

夢を叶えたり、成長したり、「普通」から飛び出すと痛みを伴うこともあります。

 

 

その新しい舞台へ上るとなんとなく、「自分はここにいるべき人間ではないような気が、、」なんて思ってしまうかもしれません。

 

 

 

ですが、その舞台に平気な顔で立っている人たちも皆、最初はあなたと同じように思っていたのです。

 

 

 

 

夢を叶えるための鍵は、その夢をどれだけ現実的に見ることができるか。

そしてその工程をどれだけこなしていけるか。

 

 

 

 

鍵はもう皆さんが持っている、ということですね^^。

 

 

前半まとめ

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

今回ご紹介したのは、8章あるうちのたった2章までです。

 

 

それだけこちらの本は情報量が多く、読み応えがあります。

 

 

ぜひ皆さんも、実際にてにとって読んでみて下さい。

 

 

新しい発見があるはずです。

 

 

こちらでも購入可能です^^。

スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義

新品価格
¥1,650から
(2020/12/18 13:35時点)

 

 

 

 

 

中編、後編に分けて、残りの章もご紹介していきます。

 

 

 

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました