【廃止決定で使いやすく】ジュニアNISAについてわかりやすく説明します

2人目妊娠奮闘記

 

今回は、ジュニアNISAについてお話していきます。

 

この記事はこんな方におすすめです。

  • ジュニアNISAについて知りたい方
  • ジュニアNISAを始めたいけどやり方が分からない方
  • 投資について少し勉強したい方

 

2人目を妊娠中の1児の母です。

 

2人目は

まだ名前も性別も決まっていませんが、分かりませんが、

1つだけ確信していることがあります。

 

それが、

ジュニアNISA満額いれること。

 

ジュニアNISAって何?

なぜジュニアNISAだけは決まっているの?

この記事ではこの点について、解説していきます。

 

もし19歳以下のお子さんがいるなら、

ジュニアNISAはガチでおすすめです。

 

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAとは、

2016年からスタートした非課税制度の投資方法です。

子供の将来に向けた資産形成をサポートするために導入されました。

 

「未成年者少額投資非課税制度」が正式名称。

 

日本に住む0歳〜19歳までが、

ジュニアNISAの口座開設ができます。

 

未成年が口座を持つと言っても、

管理するのは親・又は祖父母ですが。

 

年間80万円の非課税枠があり、

80万円までは税金がかからず運用できるということ。

(普通の特定口座だと、税率20.315%がかかります。)

 

 

元々、18歳になるまで払い出しができないため、

使い勝手が悪いとして人気がありませんでした。

 

人気がないため、2023年で廃止決定。

 

後1年で廃止なのに、なんで始めるメリットがあるの?

その理由は、こちら。

廃止によって、2024年以降の払い出し制限が解除。

 

もう少し詳しく解説します。

 

要は、

今まで子供が20歳にならないと崩せなかったのに、

廃止のおかげで2024年以降は、

お金が必要な時に払い出ししてもいいし、ずっと持っててもいい。

 

この凄さ‥なんとなく伝わりましたか?

 

しかも、

廃止後も非課税で運用可能。

 

やらない手はありません。

もし余剰資金があるなら、やりましょう。

 

1人目の運用実績・予想額

とまぁ、

ここまで熱く語ってしまいましたが、

投資をやったことがない方がこんな話を聞いても、

怖いだけですよね。

 

うん、ちょっと怪しいから数字で見せて欲しいな。

 

私も最初の頃は、

めっちゃ怖かったです。

 

お金をネットで動かすのも怖かった。

入金するのも怖かった。

 

証券口座を開設するのも、

お金を投資に回すのも怖かった。

 

でも今は、

始めて本当に良かったと思っています。

 

なんでそこまで思うの?

簡単に言えば、何もしなくてもお金が増えるからですね。

 

ここからは、数字と具体的な銘柄を公開していきます。

 

長男の実績

 

長男の息子は、1歳から証券口座を持っています。

(厳密にいうと、私が勝手に開設しました)

 

彼の口座では、

1つの投資信託に毎月6万円を入金しています。

(ボーナス月設定で年間80万円マックス運用

 

投資先はこちら。↓

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

 

息子の投資先は、

彼に様々な経済ニュースや世界に興味を持ってもらえるように全世界にしました。

 

運用実績

 

2020年の12月に始めた長男のジュニアNISA。

 

現在2021年11月の運用実績はこちら。

約810,000円(+90,000円)+約12%

 

なかなかスゴイですね。

 

投資先と金額だけ設定したら、

あとはたまに残高見てネット入金‥くらいです。

 

このまま予想利回りも見ていきましょう。

 

予想利回り・1人目

(参照元:野村証券・みらい電卓

 

長男のジュニアNISAは、2020年の12月から始めたので、

800,000円(年間マックス額)×3(マックス積立可能年数)+60,000(初年度は60,000円しか積立できなかった)=2,460,000円(元本)

 

5%の利回りで計算すると、

+4,067,000円です。

 

 

3%で計算しても+1,983,000円程度には、なりそうです。

(参照元:野村証券・みらい電卓

 

もちろん、非課税。

これ大きい。

 

2人目の予想額

長男の投資について書きましたが、

2人目も同じ要領で投資する予定です。

 

予定というか、確定です。

 

投資先は全世界。

 

まだ始めてもないので予想の数字しか提示できませんが、

予想利回りはこちら。

 

予想利回り・2人目

(参照元:野村証券・みらい電卓

 

 

2人目は2022年の夏に生まれる予定。

 

2022年生まれなので、廃止までの2年間分の、

80万円(年間のマックス額)×2(年間)=160万円(元本)

利回りは5%にしてみました。

 

細かい数字はこちら。

(参照元:野村証券・みらい電卓

 

元本が160万円なので、+2,645,000円ですね。

 

 

もう少し利回りを下げて計算してみましょう。

3%で計算した場合がこちら。

(参照元:野村証券・みらい電卓

 

+1,290,000円です。

 

銀行に置いておくお金なら、

投資に回しますね。

 

 

自己判断と投資は余剰資金

 

もちろん、投資なのでリスクは伴います。

20年間のうちに暴落もあるでしょうし、利回りがこれよりも減る可能性も十分あります。

 

ご自身の判断と、余剰資金で行ましょう。

 

私は、やります。

家族全員分の証券口座は、SBI証券です。

 

サイトがとても使いやすく、今まで一度もトラブルにあっていません。

 

 

楽天経済圏で生活しているは楽天証券がおすすめ。

 

SBIか楽天で証券口座を持っておけば、

大差はありません。

 

大差は、

証券口座を持っているか、持っていないかです。

 

まとめ|やるか、やらないか

今回は、2人目の名前も性別も決まってないけど、

ジュニアNISA口座開設する未来だけは決まってるお話をしました。

 

具体的な数字も活用してご紹介したので、

少しでも投資に興味がでた方がいましたら嬉しいです。

 

みらい電卓は、数字をいれるだけで予想利回りを計算してくれます。

様々なシミュレーションサイトがあるので、ぜひ色々試してみてください。

今回は、元本で計算したかったので、こちらを使用しました。

野村証券・みらい電卓

 

 

私も、

始めの頃は投資なんて怖いものだ‥と思っていました。

 

ですが、

長期投資・インデックス

この2つに出会ってから、私の投資生活は一気に楽しくストレスフリーに。

 

ぜひ皆さんも、

ご自身の投資スタイルを見つけて、

快適な投資生活を築いてください。

 

2人目も、

コツコツ積立あるのみです。

コメント