【英検3級ライティング構成】合格するための3つのポイントを徹底解説

英検3級

 

英検3級のライティングってどうやって書けばいいの?

ライティングってすごく難しそう…

 

英検3級から新たに始まる分野、

それがライティングです。

 

ライティングは慣れていないと、とっても難しいです。

型が分からないと、どこから何を書けばいいのか分かりません。

 

 

ですがこちらの記事では、

英検3級ライティングの合格のために必要な情報を全てまとめました。

 

筆者は、これからご紹介するライティングのコツで、

何名もの生徒さんを合格に導いているオンライン講師です。

MiO
MiO

本サイトの運営者のMiOです♪

  • TOEIC900、英検準1級
  • 息子とおうち英語♪
  • インター幼稚園勤務経験
  • 保育士免許

 

ご紹介するコツは、

小学生の受験者さんでもすぐに取り入れられる簡単な方法ばかりです。

 

この記事をしっかり読めば、合格への近道になることは実践済みです。

 

ぜひ最後まで読んで、合格へ最短距離で向かってください!

 

スポンサーリンク

ライティング問題

英検3級のライティング問題は以下の内容です。

 

今回は、2019年度第3回の過去問を使用して学んでいきましょう。

あなたは、外国人の友達から以下のQUESTIONをされました。
●QUESTIONについて、あなたの考えとその理由を2つ英文で書きなさい。
語数の目安は25語~35語です。
●解答は、解答用紙のB面にあるライティング解答欄に書きなさい。なお、解答欄の外に書かれたものは採点されません。
●解答がQUESTIONに対応していないと判断された場合は、0点と採点されることがあります。QUESTIONをよく読んでから答えてください。

QUESTION
Do you like cooking for your family?

            2019年度第3回検定一次試験(3級) 公益財団法人日本英語検定協会

 

英検3級では、以下の3つはポイントとなっています。

  • 答えをYesかNoか、はっきりさせること
  • 理由を(必ず)2つ書くこと
  • 25‐35語におさめること

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

答えをYesかNoか、はっきりさせること

まず最初にすることは、

質問に対して自分の意見がYesかNoかを、はっきり決めましょう。

 

例えばこんな意見はNGです。

Yes, I like cooking for family but I don’t like cook curry and rice.

この例のように、

始めにYesと肯定してから、自分の意見に矛盾させるような書き方は絶対に避けましょう。

 

 

結局どっちの意見なんだ…分かりづらい…

採点者にこのように思わせてしまい、減点になりかねません。

 

自分の意見がYesかNoが決まったら、

その意見から大きく逸れることを書くのは避けよう。

 

理由を(必ず)2つ書くこと

次に、理由を2つ考えます。

1つめの理由と2つめの理由は、意見が一致していることが大前提です。

 

例えば、

1つめの理由でYesについて書く

2つめの理由でNoについて書く

これはNGですので気を付けてください。

 

そして、

使い慣れている簡単な文法や英単語を使って書いてください。

難しい文法や単語を使った方が得点につながるんでは?

こう思った方、鋭いですね。

 

もちろん難しい文法や単語を正しい方法で使えるのなら、

得点につながる可能性はあります。

 

ですが、

難しい英単語を使うことで、凡ミスが生じやすくなるケースが非常に多いです。

 

正しい文法と簡単な英単語で合格点を取ることは十分可能です。

 

わざわざ難しい単語を使って間違えるよりも、

簡単でも正しい文法や単語で、小さなミスを防ぎましょう。

 

  • 2つの意見を統一する
  • 簡単でも正しい文法と単語を心がける

 

25‐35語におさめること

最後に一番大切な文字数について解説します。

 

文字数は、25~35に収めるのが無難でしょう。

 

問題には「語数は25~35語が目安」と記載がありますが、

少なすぎたり多すぎたりせずこの中に収めることをおすすめします。

そんなに書けないよ…

そう思っている方に朗報です。

 

これからご紹介するテンプレを使用することで、

あなたが考えるべき語数をグッと減らすことができます。

 

この方法で、筆者の生徒さんはライティングを味方につけて合格しています。

 

ぜひテンプレを活用して、上手に合格を目指してください。

それではテンプレの紹介にいきましょう。

 

合格の近道!テンプレのご紹介

 

それではテンプレをご紹介します。

 

一語一句、スペルミスが無いように使用してください。

  1. (自分の意見).
  2. I have two reasons.
  3. First, I like (理由1つめ)
  4. Second, it is fun to (理由2つめ)

 

ここまでで、計12語です。

これだけ?もっと詳しく知りたいよ!

そんな方のために、こちらの記事をご用意しました。

 

上記の記事では、テンプレの詳しい作成方法と秘密にしたい裏技もご紹介しています。

 

もし英検のライティング問題でつまづいている方は、

ぜひ参考にして、ライティングを味方につけてください。

 

テンプレを味方につけて、合格を目指そう!

 

おすすめテキスト

ライティングを勉強する際に、テキストは欠かせません。

 

今回ご紹介するテキストはたったの2冊です。

ご紹介する2冊をこなせば、ライティングで大幅に減点されることはないでしょう。

 

英検3級 過去6回全問題集

 

旺文社の教材は、英検界では最強の教材です。

 

こちら1冊あれば6回分のライティングが学ぶことができ、

しかも模範解答もしっかり書いてあります。

 

英検3級を一発で合格したい方には、必須教材といえるでしょう。

 

英検3級ライティング問題

英検3級ライティングを徹底的に勉強したい!

そんな方には、こちらの教材を推奨します。

 

ライティングの基礎から意見出し、NGな解答例まで本格的に学ぶことができる1冊です。

 

ライティングをじっくり学びたい方におすすめします。

 

ライティング以外にもお勧めの教材って?

そんな方には、以下の記事が参考になるかと思います。

 

分野別に教材をご紹介していますので、

苦手分野やもっと勉強したいトピックに沿って教材を選択することが可能です。

 

まとめ

今回は、英検3級のライティング構成について徹底解説しました。

 

本試験のWriting問題は1問しかありませんが、

全体の3割の配点も占めています。

 

必ず答えを書いてほしい設問です。

 

今回ご紹介したポイントは3つです。

  • YesかNoか決める
  • 理由を2つ挙げる
  • 25~35語以内で書く

 

こちらをしっかり理解したうえで、過去問に取り組んでみてください。

 

また、英検教材で最強な旺文社では、

ネットドリルで英検対策が可能になりました。

 

まずは無料で始めてみてください♪

旺文社の英検対策問題集とCDがひとつに【旺文社 英検ネットドリル】


英検3級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
英語投資

コメント