【書評】20代が読む ”20代からはじめるお金をふやす100の習慣” by 酒井富士子

ビジネス本

 

20代のうちから、貯める力、稼ぐ力を蓄えたり、人間関係の幅を広げたりすることも、大切です。

将来の自分のために、今なにができるか。なにから始めるべきか。

 

20代の私が読んで、「これは大切!」と思ったことをシェアします。

 

スポンサーリンク

お金を貯めるの3つの方法

 

「収入を増やす」
「支出を減らす」
「お金に働いてもらう」
この3つが、基本的で、且つとても効率的な貯金方法です。

出ていくお金が決まっているなら、入ってくるお金を増やす努力をすることです。本業を頑張ったり、副業をして他の収入源を作ったりと、稼ぐ力を身につけることが、大切です。

逆に、入ってくるお金が決まっているなら、出ていくお金を減らすことです。格安SIMや、電気会社を変えてみるなど、毎月出ていく大きなお金を見直すことから始めます。

そして、収入を増やし支出を減らした分の貯金でお金を運用し、また貯まったお金で再投資。お金に働いてもらうことを体験するには、私は積立NISAがおすすめですし、初心者向けですし、投資先も優良なところが多く、投資を学ぶ第一歩には最適です。

 

この3つのサイクルが上手に回ってくると、お金を貯める力がどんどん伸びますね!

 

適度なガス抜き

 

 

お金の勉強をし始めると、「あれも節約これも節約」と、色々なところに節約の目がいってしまいがちです。節約すること自体にストレスを感じてしまうなら、適度にそのストレスを発散することが大切だと、本書は語ります。

1ヶ月に一度程度のストレス発散日と予算を決め、そのルールの中で適度にガス抜きをしてください。

 

節約をずっと続けることは、やはりどこかで我慢やストレスが溜まりがちです。

バランスはとても大切です。

節約と発散、バランス良く付き合いましょう。

 

貯金は先取り一択!

 

後で貯金しようと思っても、予定が重なったり月の途中で気持ちが変わったりと、欲求を優先してしまいがちです。

お給料日に、自分が今月貯めたい額を別に取っておきます。そこから、必要な消費(光熱費や携帯代等)にお金を回し、最後に残ったお金で浪費です。自由に使うお金をが決まるのは、最後です

 

先に取っておくことで安心感がありますし、残った分は貯金を気にせず好きなように使えます。

 

先取り貯金、とってもおすすめです!

 

20代のうちに、自分の強みを見つける

 

20代のうちに自分の強みをしっかり理解しておくことで、一生涯、仕事をするのに困らないと、本書は語ります。

 

これを先延ばしにしていると、後々、「自分の得意はなんだろう?」「自分は何がしたいんだろう?」などと、人生設計が難しくなります。

世界で1番になる必要はありません。せめて、「これ」というものだけでも決めてしまい、自分で意識することが大切です

 

会社以外での友人づくり

 

20代のうちからお金を増やすことを意識的に行っていると、それが習慣化します。

習慣は、自分の人生そのものに大きく関わってきます。

 

習慣にしておきたいことは、お金についてだけではありません。

人間関係も、将来にとても大きな影響を与えます。

自分の会社、家族だけの枠に囚われることなく、違う会社、違う職種、違う出身などのように、色々な方と出会い、お互いを知ることで、自分の幅が広がります。

異業種交流会などに参加するのもおすすめと、本書は語ります。

様々な立場の友人を持つことは、とても価値の高い貯金と言っても過言ではありません

ぜひ、自分の殻を抜け出し、いつものグループとは違う方に、出会いに行きましょう!

 

まとめ

 

 

難しい言葉や言い回しはあまり使われておらず、始めてお金についての本を読む方に最適な本でした。

個人的には、女性が書くお金の本なので、口調が優しく和やかな気持ちで読むことができました。

 

自分のお金を増やすことだけではなく、結婚、子育て、医療費、年金、介護についてなど、20代のうちに知っておくといいことが具体的に書いてあります

 

支出と収入のバランスをしっかり理解するところから始めましょう

生きていくためのベースとは、「お金を稼ぐ力」をもち、それを「上手に蓄えていく力」の2つなのです。

 

お金の知識入門編として、手に取ってみてはいかがですか?

読んでいただき、ありがとうございました。

ビジネス本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
MiOをフォローする
英語絵本屋さん

コメント